ソジャットヘナ コーヒーブラウン

インド、ラジャスターン州ソジャット村で無農薬栽培された高品質の葉だけを、丁寧に選別して何度も厳しい検査をクリアしたものだけがソジャットヘナとして流通されます。
全てが100%天然の植物、ハーブで作られています。

大量生産もしていないため、流通量も少なく常に新鮮なヘナです。
日本ではあまり知られていませんが、取得が大変難しいとされている世界基準の「ハラール認証」を取得しています。
ですのでどなたでも使えて、肌につけても安心安全です。

*コーヒーブラウン 100g*

ナンバンアイ葉(インディゴ)、ヘンナ(ソジャット産ヘナ)、アセンヤクノキ、大豆タンパクを配合しています。
白髪を濃い茶系色に染めることができますが、コーヒーブラウン単品での使用は髪質や白髪の量などによって異なることが多いため、姉妹品「サフランオレンジ」との使用をオススメいたします。
2枚目の写真が単品での使用での白髪に対しての色です。

コーヒブラウンを単品で使われた方の中には髪質や体質などで、洗髪直後にはインディゴの色由来の緑色が強く出る方も、稀におられます。
コーヒーブラウンは洗髪後、酸化によって発色していき、最終的には濃い茶色に落ち着きます。

【美容師目線でアドバイス】
色は酸化によって発色、定着しますので、酸素を効率よく送り込みたい場合は、洗髪の10分ほど前にペーストがついている髪の毛をある程度ふっくらと持ち上げておいて、ドライヤーを数分当てるテクニックもあります。

【美容師目線でアドバイス】
洗髪後に稀に、緑色が強く出られる方がおられます。
この方の場合も、洗髪後にドライヤーを当て、酸素を送り込むと、茶色への変化が早まります。
自然乾燥でも24時間後にはほぼ仕上がりの色に落ち着きます。

【美容師目線でアドバイス】
ナンバンアイ葉は単独で使うと刺激を感じる可能性を持つハーブです。
そのため、刺激を緩和させるためにも、植物アレルギーや敏感肌の方は、サフランオレンジを先に使う2度染めをお勧めします。



白髪染めの場合は姉妹品「サフランオレンジ」と混ぜて使用すると濃い赤茶色に染まることができます。
チョコレーロブラウンよりも濃く、サフランオレンジよりもダークな色になります。
染め上がりは自然な感じで白髪も綺麗に染まります。
なるべく40分〜1時間は放置した方がしっかりと染まります。

もっと濃い茶色で白髪をしっかりとカバーしたい方には、二度染めをオススメします。
手間がかかりますが、綺麗にしっかりと白髪はカバーできます。
サフランオレンジを単品で最初に塗って20分放置(サフランオレンジは最短20分で染まるため)その後流します。(放置時間はお好みで)
次にコーヒーブラウンを単品で塗って最低でも30〜40分放置してみてください。(放置時間はお好みですがインディゴがしっかりと白髪に入るまで多少は放置時間が必要です)
流した後は白髪が綺麗にに染まっています。
流したばかり、当日は少しグリーンっぽいような感じですが、2、3日するとしっかりと濃く色が入っていきます。
3枚目の写真が二度染めした時の白髪に対しての色です。

こちらも塗る前に頭皮マッサージでオイルは使わないでください。
ナンバンアイ葉の色素はオイルが付着すると入りにくくなります。

コーヒーブラウンも染毛剤のみの使用ですので、足湯、ヘナ風呂などには使用しないでください。





販売価格 3,960円(税360円)
在庫数 5
購入数


Top